【2017年4月台湾旅行】迪化街でお買い物と念願のビーフン

阜杭豆漿でお腹いっぱい朝ごはんを食べた後は迪化街へ。今回はどうしてもビーフンが食べたい!という目的があります。
迪化街と言えば、乾物やカラスミなどの買い物が有名ですが最近はシャレオツなカフェなどリノベされたお店が多くて歩いてるだけでも楽しいです。

月下老人へお参り

まずは迪化街ど真ん中にある霞海城隍廟へお参り。ここは縁結びの神様である月下老人がおり、良縁を求める女子でにぎわっています。
(もちろん私も何度かお参りしましたが、効果はございませんでした・・・最後にもらえるお守りの中に入っているという鉛銭が入ってなかったり・・・カナシー)
無料でもらえる線香3本に火をつけ、お参りです。
その後、ビーフンを食べるにはさすがにお腹がいっぱい過ぎるので、ブラブラお店を見て回りました。

今回は特に買うモノはないと言っていた母ですが(毎回、スーツケースがパンパンになるくらい色々な乾物を買ってこさせられるのです)見て回ったら欲しくなってしまった模様。
チーズの燻製(ビールに合う合う~)、ドライトマト(ワインに合う合う~)は理解できるのですが、なぜか北海道産の昆布まで・・・(全然安いんですって。買い物しないので値段知らない)
結局、友人からのお土産もありスーツケースパンパンでした。

念願のビーフン

毎回、迪化街に来るたびにコレ食べたいんだよな~と思いつつお腹空いてないし、と諦めていたのがここ「民楽旗魚米粉湯」。早朝から昼過ぎまでの営業なので、午前中に来ないと美味しいビーフンにありつけません。
お店の近くに行ってみると、オバサンが席に案内してくれます。3つビーフンを注文して1分ほど待つとすぐに出てきました。コレコレ!

出汁はカジキで取っているそうで、あっさりしているのに旨味が広がります。お腹いっぱいだったのにあっという間にペロリと完食。

さすがに11時時点で3食目(苦笑)ということでお腹いっぱい。お昼は予定していたお店をスルーしてホテルでちょっと休憩し、足つぼマッサージを受けました。

民楽旗魚米粉湯の場所はここ