【2017年4月台湾旅行】ゆったりと十分〜九份めぐり

2017年5月16日

午後は予約しておいたタクシーチャーターで十分~九份めぐりです。
以前も記事にしましたが、台北ナビで予約しました。

元々の予定では迪化街で買い物をした後、リージェントホテルの晶華軒でランチをしようと予定していましたが、前回記事の通りお腹いっぱいだったので諦めました。

歩く前に足つぼマッサージ

晶華軒を諦めたため、時間がちょっと余りました。そうだ!と思いホテル近くのマッサージへ。
マッサージは昨年5月に行った際、とても気に入ったここ。

午後は十分や九份など歩いたり階段を上ったりするので、事前に足つぼマッサージで疲れをとることに。結果的にこれが大正解でした。
思っていたより足が疲れていてゴリゴリ老廃物が貯まっているのが自分でもわかりました・・・
スッキリしたところで、ホテルに戻りドライバーさんとの約束の時間まで無料のフルーツやコーヒーをいただきました。
(サンワンレジデンスでは宿泊客向けのサービスがあります)

楽チン!あっという間に十分へ

さて約束の時間に現れたドライバーの周さん。前回と違い、日本語もそこそこできるのでコミュニケーションもバッチリ。
まずは混んでいるでしょうということで早目に十分駅へ向かい天燈上げへ。
前回同様、図々しいお願いをたくさん書いて飛ばしました。恥ずかしいので天燈の写真は割愛します。
途中、十分駅名物(?)の超間近を通る平渓線を2回体験。

近い!

恐怖のつり橋体験

次に十分瀑布へ。周さんがうっかり瀑布へ行くのを忘れてスルーしそうになりましたが、無事到着。前回は瀑布入口に近い裏口(?)へ連れて行ってもらったのですが、今回は時間も考慮し、ビジターセンターで降車。
瀑布まで遊歩道を歩いて行きます。15分くらいだよ、と周さんに言われたのですが、70過ぎの母を連れた足ではもう少しかかりました。
十分瀑布は水量もたっぷりで、癒しのマイナスイオンが飛びまくってました。(結構ビショビショになります・・・)

ぐるりと見て、別の道を進んでいくとまさかのつり橋!
私はつり橋大好きなタイプなのですが、母は高所恐怖症なのでつり橋は絶対にNG。
でも、元来た道を戻ると約束の時間には間に合わない。ここだけガマンしろと命令してつり橋を渡ります。
(今でも思い出すとオシリがキューッとするらしいです。笑)
更に進むとビジターセンターが見えてきました。が!まさかのもう一つつり橋。若干泣きそうになりながら頑張って渡っていました。
高所恐怖症の方はつり橋を渡らないで往復する道もありますので、ご安心を。

1年ぶりの猫ちゃん、こんにちは

さて、次は九份です。十分から九份へはちょっと時間がかかるので、車でウトウトしてしまいました。自分で電車やバスを乗り継いだらこうはいきませんね。楽チンで最高です。
(もちろん、平渓線やバスに乗っていくのも情緒があっていいモノです。体力の衰えたアラフォーにはなかなかハードですが)
九份ではゆ~ったりとお茶をするには時間がちょっと足りなかったので、とりあえず老街散策としました。
さすがに小腹が減ってきたので、魚のつみれスープを買うことに。確か美味しいと書かれてたお店だと思ってたのですが、お腹が空いてたせいか、一番最初に目についたお店に入ってしまいました(苦笑)
(ここもとっても美味しかったです。確かに有名店は人がたくさん入っていましたが)

とにかく人が多いので、右左を見ながらノロノロ進んでいきます。まずは展望台へ。
ここにスクーターが止まっていて、猫が数匹慣れた様子で寝ています。

帰国してから写真を見てたら、1年前に見た猫と同じでした。

例の写真スポットも大混雑。なんとか写真を撮って、来た道を戻りました。

途中、カットフルーツを購入。後で食べましょ、と持ち歩いていたら戻った老街入口でも売ってたっていう・・・(トイレにまで持って入ったのに!)
お迎えの時間まで少しあったので入口近くの展望台に座ってマンゴーを食べました。疲れてたので甘いマンゴーが感激の美味しさ。
そして雨が多いという九份では珍しいきれいな夕陽が。一瞬だけでしたが、このきれいな夕陽が見れてとても得した気分になりました。

帰りもホテルまでゆっくりタクシーです。6時間で台北から十分、九份に行って帰ってこれるので、時間をお金で買ったと思ってもだいぶお得です。
母も大満足の様子でした。