【2019年2月台湾旅行】フローデシン(雲品温泉酒店)宿泊レビュー

今年のゴールデンウイークは10連休!ですが、その前に台湾へ行ってきちゃいます(笑)
今回は久しぶりに台北観光。いろいろ考えていたら以外に時間が足りない!
台北をスルーしている間に行きたい場所がたくさん増えていました。。。

温泉三昧のリゾートホテル

さて、2月の日月潭です。台湾は日本同様、温泉天国なのですが、日月潭でも温泉が楽しめます。
ですが、どのホテルでも温泉に入れるということではなく、ザ・ラルー(涵碧樓)や日月行館などは温泉ではありません。
今回は温泉も目的の一つだったので、このホテルに決めました。
それぞれの部屋に温泉が出る浴室がありますが、裸で入れる大浴場もあります。
毎回、部屋番号をスタッフに伝え、鍵をもらいます。
(滞在中、何度も温泉に入ったので、スタッフに顔を覚えられてしまいました・・・恥)
アメニティもタオルもぜいたくにあるので、手ぶらでOKです。

食事もホテルで

食事なしでも宿泊可能ですが、ホテルの近くには何もないので朝食と夕食付きのプランにしました。
朝食はビュッフェ、夕食はビュッフェか中華料理のコースです。
今回、2泊したので1泊目は中華のコース、2泊目はビュッフェにしました。
ちなみに、ビュッフェでは蛇口からビールが出ます!(写真撮り忘れた・・・)
中華のコースではビールは別料金、ビュッフェは飲み放題。謎の設定です(笑)

こちらはコースのお料理。ボリュームもかなりありました。美味しかったです。

朝食も朝から種類がたっくさん。個人的には刈包(グアバオ。台湾風バーガー)があってテンション上がりました。
ビールの隣の蛇口からはジュースが出ます(笑)

畳のお部屋でリラックス

今回はベッドの部屋ではなく畳の部屋にしました。

すでに布団が敷いてある状態ですが・・・
靴を脱いでくつろげるので、とてもリラックスできました。
部屋着として甚平が提供され、ホテル内はOK!とのことだったのですがあまり甚平でウロチョロしている人はいませんでした(笑)
また、ビーチサンダルもあり、これはほとんどの人がホテル内で履いているようでした。
部屋の冷蔵庫はこんな感じです。

なんと!嬉しいことにビールも入っています。もちろん無料。
といってもビュッフェではビール飲み放題なのですが・・・

SPAは資生堂のQiサロン

ホテル内には資生堂のQiサロンがあり、お得にマッサージを受けることができます。
(オフィシャルサイトからの宿泊予約にオプションとしてお得に予約ができます)
当然、高級SPAなので街中のマッサージよりはお高いですが、至れり尽くせりのマッサージを受けることができます。

素敵な朝焼け

やっぱり日月潭に来たら、これを見なくては!
2日目の朝は天気がイマイチでしたが、3日目はこの朝焼け。

やっぱり日月潭は宿泊しないとです!
ちなみに、夜空を見たら、阿里山ほどではありませんでしたがとても星空がきれいでした。

アクセスは?

台中からバスで来る場合、終点である水社(ビジターセンター)でバスを降り、タクシーかバスに乗ります。
以前はバスは止まらなかったらしいのですが、現在はバス停がホテル前にあるので、わかりやすいです。
また、1日1便、新幹線台中駅への往復シャトルバスがあります。
ホテルのオフィシャルサイトからの予約であれば、無料ですが、他サイトからの予約だと有料ですのでご注意を。
今回、ホテル→台中のシャトルバスに乗りましたが、当然ノンストップなので1時間程度で着き快適でした。

日本語がわかるスタッフも多く、困ることはないホテルでした。疲れた時に癒されに行くにはおすすめです!

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

台湾ランキング