【2019年2月台湾旅行】九族文化村でお花見。でも桜が・・・咲いてない!

先月、帝国劇場に「Endless SHOCK」を見にいきました。ジャニーズのコンサートは何度も行っていますが、ミュージカルは初めての体験。
なんか・・・すごかったです(笑)飛んでる、飛んでる!と心の中で叫んでしまいました(←見た人ならわかるはず・笑)
これは、病みつきになるのも理解できました。そして来年も見たい!と思っている自分がいます(笑)

台湾に桜を見に来た!

さて、2日目はホテル前のバス停から路線バスに乗り、まずは隣の文武廟へ。(ホテルのサービスで路線バス1日乗り放題券をもらいました)
旧正月後だったので、豚さんが飾られていました。

またバスに乗って日月潭ロープウェイ乗り場へ向かいます。チケット売り場で65歳以上向けのシニア切符を購入。
一般チケットはkkdayで割引券があったので、スマホの画面でQRコードを見せればOKです。
さあ、ここからロープウェイに乗って九族文化村へ向かいます。

台湾は日本より一足先に2月ごろから桜が開花します。もちろん暖かいというのもありますが、日本の桜(ソメイヨシノ)とは種類が違います。
今回は寒い日本を離れ、お花見に・・・と2月中旬に旅行を計画しました。
ところが!今年は桜の開花が遅い、というニュースがちらほら。。。不安が募ります。
インスタグラムを見ても「♯没有櫻花」というハッシュタグが。だからといって、簡単に日程も変更できません(泣)
少しは咲いているだろう(いやいや、結構咲いてるといいな)と思いながら、日月潭近くの桜の名所である九族文化村に行きました。

九族文化村では2月のアタマから桜祭りを開催しており、特設サイトでは桜の開花状況をLIVE配信しています。旅行直前で開花30%でした・・・
実際、その通りという感じでした。やや寂しいなぁ~という感じでしたが、ソメイヨシノとは違い、濃いピンク色の可愛い桜が咲いていました。

原住民の文化体験も

九族文化村に日月潭から行くには、まずロープウェイに乗ります。上空からきれいな日月潭を見ることができるので、おすすめです。

ロープウェイで登っていくと、九族文化村の入り口に到着。今まではこのまますぐに帰りのロープウェイに乗っていましたが、今回は文化村に入ります。
さっそく、桜がお出迎え。(ですが、花はちらほら・・・)
ここからゆっくりと坂を下っていくと、様々な部族の文化紹介をする箇所があり、ところどころでは踊りなどのショーが催されています。

途中でお腹が空いたら、レストランや売店などがあるので食べ歩きも楽しそうです。
軽く小腹が空いたので、竹筒飯(100元)を一つ購入。

竹筒の中にもち米がぎっしり詰まっているので、2人でも結構お腹いっぱいになりました。

儀式?踊ったり歌ったり。

まだ3割程度でしたが、桜広場で桜を鑑賞。

満開だと見事でしょうね。人も多そうですが。

ヨーロッパの庭園も

ロープウェイ側の入り口の正反対にヨーロッパ庭園があります。周りを小さい汽車が走っていて、桜並木を通るので桜スポットとなっています。
(私が行った日は、故障中で動いていませんでした・・・orz)

キレイに作られた庭園も見事です。あまり人はいませんでしたが・・・

園内にもロープウェイがある

ホテルに戻るには、ずっと下ってきた園内の道を戻る必要があります。となると、もちろん帰りは坂を上ります。
まさに行きはよいよい~なのですが、そんな人のためなのか、園内にもロープウェイがあります。(ありがたや・・・)
このロープウェイで入口まで軽々戻ることが可能です。しかも上空から桜を眺めることもできます。

遊園地も見えますよ!

アクセスは?

日月潭から行く行く場合はロープウェイに乗ります。台中方面から直接行く場合は、バスで。ロープウェイ側入り口の反対側(ヨーロッパ庭園側)に入口があります。
桜の季節でなくても、かなり楽しめるテーマパークです。時間に余裕がある場合は、日月潭観光におすすめですよ!

帰りはまた路線バスでホテルまで。ビュッフェで夕食の後、SPAで疲れを癒しました。(しっかし腰は飛び上がるくらい痛かった・・・その後、とても楽になりましたが・・・)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

台湾ランキング